簡単に移動出来る

高齢になっての一人暮らしは不安がいっぱい

高齢になっての一人暮らしは、不安で心細いものです。かつての日本では、親、子、孫と三世代同居がごく普通の家庭の姿でした。しかし現代では、生活の多様化に伴い、高齢の親世代が子供たちと離れて暮らすというのはごく当たり前の光景になりました。 また結婚についても、誰もが必ずしも選択するわけではなく、未婚を選ぶ人も多くなりました。そんな社会状況から、高齢を迎える世代で、一人暮らしをする人が増えてきました。 脚腰が弱くなり、体が段々と思うようにならなくなる時期の一人暮らしには大きな不安があります。そこで、最近よく見かけるようになったのがサービス付き高齢者向け住宅というものです。 これはアパートなどの賃貸住宅に住みながら、介護サービスが受けられるという新しい形です。このような場所では段差解消機を利用している場合が多く、車椅子での移動の際も、段差解消機があれば簡単に移動することが出来るのです。高齢者向け住宅を選ぶ際に車椅子で移動を行なう場合には、段差解消機が設置されているのか重要視しなければなりません。

サービス付き高齢者向け住宅が人気の理由

現在、今後益々の高齢化社会に向けて介護関連の事業所や施設が新たに開設され続けていますが、その中でもサービス付き高齢者向け住宅は注目され、良く見かけるようになりました。 サービス付き高齢者向け住宅ではまだそれほど介護度が高くない状態でも入居出来、介護が必要になればその段階に応じて介護サービスが受けられるというので、一人暮らしの高齢者にとっては将来の不安が薄らぐことになります。 特別養護老人ホームなどは、希望者が多くてどこも順番待ち状態です。そして有料老人ホームは費用的に高額で入所が難しい面があります。 サービス付き高齢者向け住宅はというと、費用はまずアパートの室料。これは一般のアパート程度。それに、日中のデイサービス利用や入浴介助などの介護サービスを受ける場合の一割の自己負担。それに食費がおおまかな費用となります。

介護住宅の需要

近年では介護用のリフォームの需要性が高まっています。介護リフォーム業者も、医師や作業療法士の意見を取り入れて、介護リフォームのサービスの開発に取り組んでいます。

Read More..

住宅で介護を行なう

住宅で介護を行なうには、住宅内に存在する障害になる場所を改善していく必要があります。例としてはトイレを車椅子で出入りするように、介護リフォームするなどのことを行なわなければなりません。

Read More..

介護保険を利用できる

介護リフォームは、介護保険を利用出来るという大きな特徴を持っています。介護リフォームを希望する人は身近なケアマネージャーや主治医と相談して、快適な介護住宅を利用しましょう。

Read More..

注目の記事