介護保険を利用できる

【リフォーム工事について】

介護保険を利用して、介護リフォームをするためには条件があります。まず、介護認定で「要支援・要介護1?5」と認定されていることです。そして、介護リフォームする住宅の住所が被保険支援者の住所と同じで本人が住んでいることです。条件を満たし介護リフォームをした人へ、介護保険の工事費用の9割が支給されるます。工事費用の金額上限は20万円なので、支給金額の上限は18万円となるので注意しましょう。介護リフォームとして認められる種類にはいくつかあります。手すりの設定・段差の解消・滑り止めをつける・引き戸への取り替え・洋式トイレに変更することが対象となります。各市町村により異なる点もあるので事前に確認が必要です。

【事業者の取り組みについて】

介護リフォームを希望する人は、身近なケアマネージャーや主治医と相談することが大切です。介護リフォームを請け負ってくれる事業者は、たくさんあります。相談をしてから調査もしてもらえるところで、その後の提案・見積もりをみてから契約するか判断しましょう。今は、インターネットで詳しく調べられるのでいくつかの事業者に相談をして比較してから決めることをお勧めします。最近は、介護リフォームに力を入れている事業者も増えています。福祉・医療の両方と連携をして介護リフォームに取り組んでいます。介護リフォームの研修を取り入れて介護の知識を学んだり相談の方法など学んでいます。その他にも、バリアフリーの無料点検を行ったり、アフターフォローもしっかり行ってくれる事業者もあるので安心して利用できます。

注目の記事