住宅で介護を行なう

介護リフォームではトイレが重要

現在では高齢者が増え、家族を介護する機会が多くなっている現状です。住宅の中で介護をおこなう場合、障害になる場所がいくつも存在するのです。そのため介護のやりやすい住宅にする、介護リフォームが人気になっているのです。ですが介護をした経験がない人は、住宅の中のどういった場所が介護で問題があるのか、知っている人は多くないのです。 ここでは介護リフォームにおいて、知っておいた方が良い情報を紹介していきます。介護リフォームとして絶対にやっておきたい場所は、トイレなのです。トイレは介護が必要になった場合でも、一日に何度も行く必要になる場所だからです。特に介護が必要な場合は、車椅子でトイレの中まで入れる事が重要になってくるのです。

引き戸タイプのドアが使いやすい

車椅子でトイレの中まで入るためには、ドアの開口幅が80センチはほしいところです。ドアのタイプは引き戸タイプのものがよく、最近では三連引き戸のタイプが販売されており、そういった引き戸を利用する事で、ゆとりのある開口幅をとる事ができるのです。またトイレの中にはシンクの深い洗面を取り付けると、役立つのです。 介護が必要な状況では、汚れがつくことも多くそういった場合によく洗面を利用するからです。特に汚れをしっかり落とすため、シンクが深い方が水が飛び散らないため安心して利用する事ができるのです。トイレの次に重要になってくるのが、お風呂です。ここもできれば車椅子のまま、入る事が可能なものが良いのです。ですから介護リフォームではお風呂のドアも、引き戸タイプのものが好ましいのです。

注目の記事